米国国立老化研究所が推薦する国際的な認知症診断基準CERADバッテリーをベースに米国のMedical Care Corporation社が研究・開発したアルゴリズムに基づき提供される専門家以外でも行える認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の早期発見のためのツールです。

認知機能について 軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment) 認知症 記憶のメカニズム 早期発見の重要性
個人受検ご希望の方 FAQ メディア情報 お問い合わせ
米国国立老化研究所が推薦する国際的な認知症診断基準CERADバッテリーをベースに米国のMedical Care Corporation社が研究・開発したアルゴリズムに基づき提供される専門家以外でも行える認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の早期発見のためのツールです。

米国カリフォルニア州 Hoag(ホーグ)記念病院脳神経科学研究所Dr.Shankleらによる各種画像診断などとの正確性比較実証調査の結果、これまで画像診断以外では判別が困難であった軽度認知障害(MCI)と自然老化による物忘れとを97.3% の精度で判別ができることが学術データとしても証明されています。日本語版の開発に際しては言語学者も介入し、テストの等価性が保たれるよう配慮されました。日本語版の精度検証は福岡大学山田医師グループにて行われ、英語版同等の96%の感度が確認され、日米両国で文献発表されています。


【主な参考文献】
題名:Methods to improve the detection of mild cognitive impairment
掲載:PNAS(Proceedings of the National Academy of Science)2005

題名: Development and validation of the Memory Performance Index:
   Reducing measurement error in recall tests
掲載:ELSEVIER Alzheimer's & Dementia 2009

題名:Detecting Cognitive Impairment in Primary Care:
   Performance Assessment of Three Screening Instruments
掲載:Journal of Alzheimer's Disease 2007

題名:Comparison of the Memory Performance Index
   With Standard Neuropsychological Measures of Cognition
掲載:American Journal of Alzheimer's Disease and Other Dmentias2011

題名:The Japanese MCI Screen for Early Detection of
   Alzheimer's Disease and Related Disorders
掲載:American Journal of Alzheimer's Disease and Other Dementias 2008

Education: Dates: Degree/Training
LAC/USC Medical Center: 1984 1987: Neurology Residency
Cook County Medical Center: 1983 1984: Medical Internship
Brown University: 1979 1983: M.D
Harvard University: 1978 1979: Multivariate Statistics
University of Southern California: 1977 1978: M.S. Biomedical Statistics
Stanford University: 1974 1977: B.S. Biology

■Academic Positions
2004-Present: Research Fellow, Cognitive Science Department, UC Irvine
2000-2003: Associate Adjunct Professor, Pharmacology Department, UC Irvine
1997-2004: Associate Adjunct Professor, Cognitive Science Department, UC Irvine
2000-2003: Director of Informatics Research at UC Irvine Tobacco Research Center (TTURC)
1995-1999: Adjunct Professor, Computer Science Department, UC Irvine
1988-1997: Adjunct Professor, Neurology Department, UC Irvine
1988-1997: Founder and Clinical Director, UC Irvine Alzheimer's Disease Research Center
1988-1997: Clinical Director
UCI site: Consortium to Establish a Registry for Alzheimer's Disease (CERAD)
1988-1997: Clinical Director
UCI site: California Alzheimer's Disease Diagnostic & Treatment Centers (ADDTC)
1987-1988: Researcher/Scientist: PEW Foundation Scholar, UC Irvine Center for the Neurobiology of Learning and Memory

本プログラムは、まず臨床認知症評価法の0(正常:N=119)、0.5(軽度認知障害(MCI):N=95)、1(軽度認知症:N= 257)を用い、471人のコミュニティの成人を調査することで検証されました。本プログラムの全体的精度は98%、軽度認知障害(MCI)と軽度認知症の感度は97%、特異度は記憶状態の障害の検査において陽性結果がでなかった患者を認識する点で88%との結果が得られました。本プログラムの精密度は、2005年に初めてthe National Academy of Sciences会報で掲載されました。


また、本プログラムは米国プライマリー・ケアの状況下で215名の患者を調査することでも検証されました。調査は基礎医療疾患としてアルツハイマー病(43%)、脳梗塞(36%)、その他の原因(21%)を含む疾患による認識障害が23%の患者にみられました。歴史的に臨床現場で使用されてきた他のアセスメントに比べ本プログラムはより正確な発見することができました。同調査においては、MCIスクリーニングは96%の精密度で、一方MMSEは62%、時計描画テスト(Clock Drawing Test: CDT)は54%の結果をそれぞれ示しこの結果はJournal of Alzheimer's Diseaseに掲載された。




*Methods to improve the detection of mild cognitive impairment PNAS 2005
*Detecting Cognitive Impairment in Primary Care: Performance Assessment of Three Screening Instruments / JAD2007



あたまの健康チェック(MCIスクリーン)は認知機能の一般的な評価を提供することを目的とします。
認知機能に関与し得る病状または病気を診断する、あるいは、治療することを目的としたツールではありません。