医師以外の米国国立老化研究所が推薦する国際的な認知症診断基準CERADバッテリーをベースに、米国Medical Care Corporation社が研究・開発したアルゴリズムに基づき提供されるもので、専門家以外でも行える認知症の前駆段階である軽度認知障害(MCI)(MCI: Mild Cognitive Impairment)の早期発見のためのツールです。

認知機能について 軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment) 認知症 記憶のメカニズム 早期発見の重要性
個人受検ご希望の方 FAQ メディア情報 お問い合わせ


医師以外の米国国立老化研究所が推薦する国際的な認知症診断基準CERADバッテリーをベースに、米国Medical Care Corporation社が研究・開発したアルゴリズムに基づき提供されるもので、専門家以外でも行える認知症の前駆段階である軽度認知障害(MCI)(MCI: Mild Cognitive Impairment)の早期発見のためのツールです。

米国内で行われた正確性検証の結果、MCIと健常な老化現象からくる認知機能の低下を97.3%の高精度で判別することが確認されました。日本語版の開発に際しては言語学者も介入し、テストの等価性が保たれるよう配慮されました。
日本語版の精度検証は福岡大学山田医師グループにて行われ、英語版同等の96%の感度が確認され、日米両国で文献発表されています。





政府機関、地方自治体、保険会社、医療機関、介護保険施設等での利用に適した形態でのご提供も行なっております。
ご希望の方はこちらよりお問い合せ下さい


よくあるお問合せはこちら


【主な参考文献】
題名:Methods to improve the detection of mild cognitive impairment
掲載:PNAS(Proceedings of the National Academy of Science)2005

題名: Development and validation of the Memory Performance Index:
   Reducing measurement error in recall tests
掲載:ELSEVIER Alzheimer's & Dementia 2009

題名:Detecting Cognitive Impairment in Primary Care:
   Performance Assessment of Three Screening Instruments
掲載:Journal of Alzheimer's Disease 2007

題名:Comparison of the Memory Performance Index
   With Standard Neuropsychological Measures of Cognition
掲載:American Journal of Alzheimer's Disease and Other Dmentias2011

題名:The Japanese MCI Screen for Early Detection of
   Alzheimer's Disease and Related Disorders
掲載:American Journal of Alzheimer's Disease and Other Dementias 2008

米国長期ケア保険産業では最適な保険契約を勧めるために契約者の身体と精神状態を知ることが重要される背景から第三者機関(TPA)を通し、本プログラムは長期ケア保険産業の引受アセスメント業務においてスタンダードとなりました。
また、米国カリフォルニア州オレンジ郡においては、Orange County Vital Aging Programの下、地域市民への認知機能スクリーニングとして提供されており、この活動は第一回日本認知症予防学会でも紹介されました。