一般社団法人ロコモ・認知症予防療法協会は予備群が4000万人以上と言われる 「ロコモティブ シンドローム」と予備群を含めると800万人を超す「認知症」の予防・対策の療法をはじめとし医療行政の転換を余儀なくされるであろう高齢化社会に於ける健康寿命の大切さを広く告知していく所存であります。

高齢化社会が急速に進展し、要介護状態の方々が増加している現在、運動器の障害のために要介護となる危険性の高い状態を 「ロコモティブシンドローム」と呼んでいます。また認知症の高齢者が462万に上り軽度認知障害(MCI)の高齢者も400万人以上と推計されたと厚生省の調査で分かったと発表されました。この数字は65歳以上の4人に1人が認知症及び予備群と言われる軽度認知症であると言う事です。この度、医師をはじめ医師以外の各分野の専門家の方にも協力、賛同を得、高齢化社会における認知症や運動器障害への予防や自己点検の方法を啓蒙する為に弊社団法人を設立しました。

医療的な対策のみならず日常生活にも視点を置いて日々、 自らがチェック出来る様に、または身近な方から予防等に的確なアドバイスが出来る様なサポート活動を普及させて健康的な生活を長く続けられる方々を増やして行きたいと考えています。

一般社団法人ロコモ・認知症予防療法協会は予備群が4000万人以上と言われる 「ロコモティブ シンドローム」と予備群を含めると800万人を超す「認知症」の予防・対策の療法をはじめとし医療行政の転換を余儀なくされるであろう高齢化社会に於ける健康寿命の大切さを広く告知していく所存であります。

一般社団法人ロコモ・認知症予防療法協会
理事長 紫藤佑介